Archive for the ‘ブログ’ Category

【ブログ】今年初めての投稿です

2022-01-17

こんにちは。

新年も始まりましたが、今年もお正月には

我孫子の事務所近くの神社に初詣をしました、

そして先日、香取神宮にも行って来ました。

 

香取神宮は神宮自体も立派な上に、

蕎麦や団子等が美味しいので娘達がとても喜びます。

 

最近、2歳の二女の言葉が発達してきて色々話しますが、

抱っこしたりして、馬になって背中に二女を乗せていたときに、

二女がパパの頭をつかみながら、

「パパありがとう言って~」と言ってきました。

確かに、娘が順調に成長するのは嬉しいし、

遊んでいる時間はとても幸せですが、

娘の方からありがとうの言葉を強制?されるとは・・??

 

まあ、楽しいからいいかと思いつつ、

赤ちゃん感も少し残っている二女の今の姿、

言葉など頭にやきつけておこうと思ったりします。

 

そういえば、年末に仕事から帰宅した時に二女から

「パパーお仕事行っちゃだめ」と言われて、

もっと遊んであげなきゃなと思いました。

 

そのためには仕事の質を下げずに早くやっていける技量を

身につけなきゃいけないし、

今年も頑張らなきゃと思う次第です。

【ブログ】今年も茨城県にリンゴ狩りに行きました

2021-11-06

こんにちは。

 

先日の衆議院議員選挙の結果が出ましたね。

事務所近くの我孫子駅前でも選挙活動が行われていて、どういう結果になるのかなと

興味深く思っていました。

支持不支持はそれぞれですが、選ばれた方には選んだ国民のために頑張って欲しいと思います。

自分の方は相談に来て頂いた相談者のために頑張っていきたいと思います。

 

最近はうちの下の娘も言葉が発達してきて昨日は「パパ、早く抱っこしろ」と言われ「え?」と

思いましたが、抱っこするとにこにこする笑顔が可愛いです。

 

最近は仕事が忙しくて週末もあまり遊んであげられないこともあるのですが、先日は車で茨城県

に行ってリンゴ狩りをしてきました。

赤いリンゴが木に沢山なっている光景は美しいです。

リンゴも種類によって味も香りも色々で、食べ比べがとても楽しく、娘達も楽しんでくれたようです。

【ブログ】最近遠方への出張が多いです

2021-08-10

こんにちは。

 

先週は、遠方の裁判所への出張が複数あり、事務所不在の時間が多くなりがちでした。

 

遠方の場合は基本は我孫子駅から電車で移動するのですが、

車で片道3時間くらいまで運転をしてみました。

車だと荷物が重くてもラクですが、運転自体が疲れるし、渋滞もあるし、

電車とどちらが良いかは結論出ずです。

 

運転中、ユーチューブの歴史講義の音を流していることも多いですが、

アムロちゃんの音楽をかけていることも多いです。

ディアダイアリー、ファイターとか、チットチャット、ラブストーリー

とかが好きで結構な大音量でかけています。

 

家では、最近、色々と大人のものまねをするようになってきた二女。

先日は子供達と一緒に寝ようと思って布団に入ったら、

私が時々自分で足とかでコロコロしている30㎝くらいの

マッサージの棒みたい?なものを持った二女が「もみもみ」と

言いながら私のお腹の辺りをコロコロしてくれました。

 

それを見ていた長女が「やりたいやりたい」と言い出して、

長女と二女がマッサージ棒の取り合いを始めてしまい

長女が泣き出したので、どうしようかな・・と困ってしまいました。

 

でも、布団の上にトングがあったので(なぜ?)、

それを見つけた長女がトングでパパのふくらはぎを

挟んで「気持ちいい?」と聞いてきたので、

「気持ちいいよ」と答えたら、とても満足そうな笑顔をしていました。

 

娘達がこんな可愛い反応をしてくれるのは何歳までだろうかと思いつつ、

何がよいパパなのかは分からないけれど、

出来るだけ娘達のお話や気持ちも聞いてあげられるようになろうと思っています。

【ブログ】証人尋問などなど

2021-07-09

こんにちは。

 

最近は仕事で行き詰まった時には

我孫子駅前に出来た鯛焼き屋で鯛焼きを買って

気分転換をしたりしています。

 

さて、弁護士というと一般的には裁判をしているイメージかもしれませんが、

実際の案件では裁判ばかりしているわけではなかったりします。

また裁判の中でも証人尋問までする案件は多数ではありませんが、

やはり時々は尋問にまで発展します。

尋問をする場合にはその準備も色々大変なのです。

尋問をした後に裁判所が作成してくれる尋問調書を見ながら

また書面を作成するのですが、裁判の最終局面ですので

なかなか時間がかかったり、大変だったりします。

 

しばらく尋問がない時期もあったりするのですが、

なぜか続くときは尋問になる事件が続いたりして、

そういえば前もこんな事あったなと思い出したりして、

疲れてきたので、休憩にしてこのブログを更新しています。

 

さて、うちの二女は私がリビングで横になっているとすぐに上に乗ってきます。

そこで、二女の脇の下を両手で支えながら持ち上げると

「おうっ、おうっ」と声を上げて喜んでくれます。

でも、最近は大きくなってきて、二女の脇まで私の手が届きにくくなってきました。

大きくなってくれるのはとても嬉しいのですが、

何か赤ちゃんじゃなくなってきたなあと思うと、少し寂しいような気もします。

 

そんな二女は先日、ママの化粧道具を勝手に取り出して

お化粧するまねごとをしていました。

結構上手にまねをしていたのでその観察力に驚くと同時に、

自分と似た顔をしている二女がお化粧している姿が

何か不思議にも思えて、複雑な気分でしばらく様子を眺めてみました。

【ブログ】離婚関係の事案で思うこと

2021-07-01

こんにちは。

 

離婚関係の事案で何回も相談の時間を重ねていると、

依頼者の方にお子さんの写真を見せてもらうことも多々あります。

私としては単純にお子さんの可愛い写真を見るのも好きですし、

子供への愛情のこもった表情でお話をされている

依頼者の方の様子を見るのも好きだったりします。

 

自分自身の子供については、我が家では娘の年齢ごとにアルバムを作成しています。

これまでは長女だけでしたが、ようやく二女についても0歳の時のアルバムを

完成させる事が出来ました

(二女ももう2歳なので、1歳のアルバム作りもしないといけないのですが)。

 

数えると、妻と2人で1年間で大体4000~5000枚くらいの

写真を撮影しているので、その中から300枚くらいを選択するのは

なかなか骨の折れる作業になります。

他人から見たらどれも同じような写真ばかりなのですが、

親から見るとなかなか取捨選択出来なかったりします。

長女は結構アルバムが出来るのを楽しみにしてくれているみたいですが、

二女のもあるとなかなか作業をする時間がとれずにいます。

けれど、今はカメラを向ければすぐにポーズを撮ってくれる娘達も、

思春期になったらなかなかパパに写真なんて撮らせてくれなくなるのかなあ?

とか思うと、

選択に苦労するほど写真を撮れる今のうちが幸せなのかもとか思ったりもします。

【ブログ】成年後見・相続相談と人の死について

2021-06-15

こんにちは。

 

弁護士の業務をしているとどうしても人の死に接することもあります。

交通死亡事故の案件もありますが、成年後見の事案では

被後見人が高齢者であることも多いのでそういったことも少なからずあります。

 

また、相続関連のご相談の中でも遺言書を作成する事案では当然、

相続開始を頭に入れているからのご相談であって

後日になって亡くなられることもあります。

 

どんな事案でも、顔の分かる方が亡くなってしまうというのは

悲しい気持ちになります。

そのような中でも最近、若くして遺言書作成された方が

亡くなってしまったと聞き、非常に悲しい気持ちになりました。

 

若いながらにとても成熟されたご性格で

遺言書を作成するような状況になっても取り乱さずに、

内心の葛藤を見せずに冷静に対応されている姿が印象的でした。

 

自分自身に何が出来るわけでもありませんが、

こういう方がいらっしゃたんだということを忘れずに覚えておき、

生きていける自分自身の状況も当然の事ではないと感謝しつつ、

日々の自分やれることを頑張っていくしかないのかなと思っています。

 

さて、事務所の近くの我孫子駅前に

どうやら新しい鯛焼き屋さんがオープンするようです。

鯛焼き大好きなので、オープンしたら早速買いに行ってみようと思います。

 

 

【ブログ】過失相殺のことやいろいろ

2021-06-02

こんにちは。

 

最近は交通事故の中でも過失相殺について色々検討する必要があるご相談が

多いなと感じています。

過失相殺の割合については緑の本とよんでいる緑色の過失相殺の類型を

まとめた書籍を使用しているのですが、

単純にそこにあてはめるだけでは分からない事案もあり、

そういう事案こそ弁護士として頑張らねばと思っています。

 

最近、我孫子の6号沿いのエスパの近くに新しいスーパーが出来るらしく、

工事が始まったみたいです。

便利になるといいなと思っています。

 

さて、私生活では、自分が夜帰宅しても夜更かし傾向のうちの娘達は寝ていないことも多々あります。

それで、パパが寝室をあけると、布団が慌てたように動き、

そして長女が目をつぶって寝たふりをしています。

「寝てるのかなあ」と声をかけても長女は目をつぶっていますが、

「眠ってるなら手をあげて」と言うと、長女はやはり目をつぶったままでも、

口元がにやけて手を上に上げます。

それから、「寝てるなら(となりで横になってる)ママをつんつん」と声をかけると、

やはり口元をにやけてママをツンツンします。

 

なので、私がママに「えらいねえ。寝てるみたいだよ」というと、

長女は目だけづぶって顔が笑ったり、「パパ、寝言きいて」と言ってきますが、

すごく楽しそうな様子を見せるので、最近は恒例行事みたいになっています。

 

本当は帰宅したパパが子供を覚醒させてしまってはいけないんでしょうけれど、

娘の様子が可愛いのでついついやってしまいます。

とはいえ、私も帰宅時間が0時をゆうに過ぎることも結構あるので、

そんな頻繁に出来るわけではありませんが。

 

【ブログ】成年後見の案件でうれしかったこと

2021-05-12

こんにちは。

 

連休後の土日も終わり、通常の平日に戻ってきた気がします。

朝起きて、今日は裁判所に行く予定だなと思うと、

お休みの気分はすぐになくなります。

 

仕事上では、成年後見人の案件で、しばらくお会いできていなかった被後見人の方に

久しぶりに会いに行くことが出来ました。

施設の方のお話を聞くと、被後見人の方がお会いすることを

朝からずっと楽しみに待っていてくれたとのことで、

そんなに楽しみにしてくれていたのか嬉しく思いました。

後見の案件で心を通わせられるのは余りないケースかもしれませんが、

やりがいを改めて感じました。

 

その方からは最近は昔の思い出話を聞かせてくれたりもするようになり、

よく聞いていた歌謡曲の話もしてくれて、その内容自体よりも

心を開いた様子で嬉しそうに話してくれる様子が嬉しかったです。

 

私生活では、最近、長女が朝、保育園に行く前のトイレになかなか行きたがらず、

ママにもよく注意をされています。

そんな時には「おトイレ列車発車します」、「ドアが閉まります。ご注意下さい」と

アナウンスすると長女は慌ててパパに抱っこされてトイレに向かいます。

パパが早く歩くと「早すぎる」と文句を言われるので、

ゆっくりトイレ前に到着してもなかなか降りないので

「ドアが開きます。ご注意下さい。ぷしゅー」と言って、

長女のお尻の下で組んでいるパパの手を段々開いていきます。

 

すると、長女は落ちまいとパパの首に手を回してぶら下がりますが、

10秒ももたずに床に落ちていき、ようやくトイレに入ります。

トイレから出ると、今度はリビングのママ駅前までのおトイレ列車で向かい、

ママがお着替えさせて、そこからもぐだぐだな感じで保育園に向かう感じになります。

 

可愛いけどつかれるというか、つかれるけど可愛いというか、そんな日常です。

 

【ブログ】夫婦円満のためには

2021-05-08

こんにちは。

 

最近はやや業務量が多く、ブログはあまり更新していませんでしたが、

久しぶりに書いてみることにしました。

 

仕事の関係では、新型コロナウィルスのこのような状況であってもお問い合わせを頂いており、

ありたいことだと思っています。

当然、感染には注意しつつ、お問い合わせをして頂く方々のお役に立てるように

精進していきたいと考えています。

 

当事務所で多く扱っている離婚では、男性側、女性側の色々な意見や主張に触れることになります。

法的な主張に関わることはもちろんですが、離婚や相続の場合は、調停の待ち時間も長いので

必然的に雑談をする機会も多くなります。

 

その雑談の中で、ある女性から、娘にママ友の前で、ママの得意料理はバター掛け(醤油?)ご飯と

言われて恥ずかしかったというのがありました。

私が色々接してきたママ達は子供のためにご飯頑張っているというタイプが多い印象ですが、

ママが頑張っても子供はそこは分かってくれず、がっかりすることは多々ありますよね。

私の家庭でも、妻が子供のためにご飯を頑張って作ってくれていますが、長女が言うには

ママの得意料理は白いご飯!ということなので、あらら・・というところでしょうか。

 

つい先日は、ママの朝ご飯よりパンが食べたいから、パン屋の近くに引っ越すと長女が言い出して、

それを離れた所で聞いていたパパとしての私は、どうフォローするのが正解なんだろう・・

と頭の中でぐるぐるしていました。

聞こえないふり・・それは無責任か・・とか。

 

弁護士を長くしていると破綻してしまうパターンは多く見たり聞いたりしているのですが、

夫婦円満のための模範例みたいのはなかなか勉強させてもらえる機会はありません・・。

まあ、自分で考えるしかないですね。

 

現時点での私の感想?としては、円満のためには、結婚して出来るだけまだ仲が良いうちから

コミュニケーションを出来るだけとって、

お互いに配偶者がしてくれていることの大変さを理解するように努めるということでしょうか。

人間は自分がしてもらったことへの感謝よりも、自分がしてあげたことばかりを覚えていて、

そこから不満を募らせることが多いと何かの本で読んだ気もしますので、

自分自身も気をつけようと思っています。

 

【ブログ】遺言書作成にあたり思うこと

2020-12-31

こんにちは。

 

当事務所の営業は昨日まででしたが、本日も結局仕事をしていました。

年末は忙しなく、毎年このような感じになってしまいます。

 

今年はコロナという予期せぬ事情で世の中に大きな影響が生じています。

当事務所の弁護士業務においても、裁判や調停期日の取消、延期等もあり、

少なからずの影響を受けました。

まだまだコロナの影響は収まるどころか、感染者が増えてしまうような状況

ですが、令和3年はコロナも収まり、良い年になって欲しいと願っております。

 

さて、今年も振り返れば、様々な事件があり、色々な方とお話等もさせて

頂く機会がありました。

当事務所では遺産分割、相続案件、遺言案件も積極的に扱っておりますが、

その中で、まだ私自身よりもずっと若い方の遺言作成にも携わらせて頂きました。

 

業務としてはもちろん弁護士としてきちんとした遺言書作成をさせてもらいましたが、

ただ、それよりもまだ若いにもかかわらずに病気という事情があり、余命云々

の話をされる事に胸が痛みました。

その方が今後回復し、元気に生きていける事を切に祈っています。

弁護士として、遺言であったり、高齢の方の成年後見等に関わっていると、どうしても

死というものに接点が出てくる場面もあります。

その度に、色々思うことがあるのですが、自分自身は幸いにも生きていけるということ

の幸せを感じながら、来年も皆様のお役に立てるように頑張っていきたいと思います。

 

私生活では、世の中の流行通り、私自身も鬼滅の刃にはまり、映画も見に行きました。

炎柱煉獄さんの「心をもやせ」という台詞を自分自身も時々心の中で思い出し、

頑張っていこうと思います。

 

 

 

« Older Entries